Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

タグ:佐々木康 ( 3 ) タグの人気記事

フイルムセンター FC 平成21年度補正予算 映画保存のための特別事業費による収集作品リストによりますと
故若杉光夫監督作品の二作品がフイルムセンターに収集され永久保存されたそうです。
今後、「星の牧場」同様フイルムセンターで観る事が出来そうです。

 「すゞらんの鐘」
    製作=新教映 1952.04.26 初公開   4巻 1,000m 白黒

監督 ................  若杉光夫
脚本 ................  若杉光夫
原作 ................  岡田 陽
出演 ................  玉川学園児童

 大岡昇平原作『ながい旅』、その原作を基にした小泉堯史監督作品映画「明日への遺言」にB級戦犯として登場する岡田資(おかだ・たすく)陸軍中将の長男故岡田 陽(おかだ・あきら=玉川大名誉教授、表現教育 鳥取県出身)さんの原作作品だと思います。若杉監督も後、玉川大学で演劇論を教鞭なさっていましたので岡田 陽氏と大学でご一緒していたのかもしれません。
 ただこの作品、幻の作品のため観てはいませんが、1951年か52年頃の玉川学園の児童が出演しているという事で重要な作品でもあります。
 書籍資料に、玉川学校劇集 3  岡田陽∥編 / 誠文堂新光社 , 1964年出版に「すずらんの鐘」(岡田陽作) が収容されています。
 玉川学校劇集 3 内容注記 内容:すずらんの鐘(岡田陽) 赤いポケット(浜田広介原作 南保文郎脚色) おめん(片山利雄) 浦島太郎(岡田陽) 仁王さま(長野豊) かくれんぼ(岡田陽) うぐいす(斎田喬) つめなしねこ(福永誠一) 運命の鐘(内海繁太郎) もんしろの誕生(青木謙明) 赤い小箱(岡田陽) 二十八才のキリスト(武者小路実篤) ピノチオ(岡田陽)

     玉川学校劇集 3 資料詳細  東京都立図書館 wwwOPAC(蔵書検索
     岡田 陽 著作一覧 玉川大学出版部
     岡田資中将のご子息、岡田陽さん宅にAERAの取材
     「明日への遺言」 公式HP
     藤田まことさん御逝去  マイブログ関連記事

 「石合戦」
    製作=劇団民芸=富士映画 配給=日活 1955.12.14 10巻 2,497m 白黒

企画 ................  山梨稔
製作 ................  大塚和 松丸青史
監督 ................  若杉光夫
脚本 ................  松丸青史 吉田隆一 村山亜土
原作 ................  上司小剣 「天満宮」「石合戦」から
撮影 ................  仲沢半次郎
音楽 ................  草川啓
美術 ................  江坂実
録音 ................  加藤一郎
照明 ................  吉沢欣三

出演 .............   宇野重吉 内藤武敏 浜田光曠 高田敏江 奈良岡朋子 小夜福子
            山田五十鈴 小沢栄太郎
  「石合戦」 goo映画 解説

 生前、若杉監督から観るようにとビデオを戴き何度も繰り返し見ている作品ですが、途中一巻が抜けている不十分作品でしたがこれで大画面で観る事が出来嬉しい限りです。
 この作品は、誰もが幼年時代持っているセンチメンタルな感情が画面一杯にあふれている、若々しさにあふれている名作作品です。
 若杉監督が探し抜擢した浜田光夫さん(旧名 浜田光曠 )デビュー作品でもあり、本当に美しい若き高田敏江さんや若々しい教師役の内藤武敏など劇団民芸のそうそうたるメンバー宇野重吉さん、奈良岡朋子さん 小夜福子さん と名優 山田五十鈴さん、 小沢栄太郎 さんなど独立プロと新生日活が組んだ豪華作品でもあります。
 またこの作品で浜田光夫さんがデビューしていなかったら、五年後の「ガラスの中の少女」で吉永小百合さんと浜田光夫さんコンビが生まれず、日本の高度成長時代に純愛路線の日活青春映画は存在しなかったかもしれません・・・。
それほど重要な作品でもあります。

また今日から
「フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画 ―映画保存のための特別事業費による」として
収集保存及び原版素材の整備で再上映が可能となった作品が上映されるそうです。
その中には佐々木康監督の「少年航空兵」や内田吐夢監督の『逆襲獄門砦」もあります。
なお、佐々木康監督、内田吐夢監督作品にはこの他、平成21年度補正予算 映画保存のための特別事業費による収集作品の中に数本まだ含まれ収集されているようです。

    フィルムセンター開館40周年記念③ よみがえる日本映画
                ―映画保存のための特別事業費による
  FC公式HP
[PR]
by Colombedor | 2011-03-01 07:24 | 映 画

a0016177_13581187.jpg
「映画論叢」19号最新号が樹花舎から国書刊行会に変わり11月18日に刊行されました。

目 次
バンと呼ばれて60年第五話 『紺碧の空遠く』をめぐって
大庭秀雄と小津安二郎、そして佐々木康 短歌的叙情について
チンピラ役者の万華鏡第八回 空手チョップに飛ばされる
遠くて近い記憶―終戦前後の大連の映画
音楽と戦争協力『米英撃滅の歌』を知っていますか?
こんな役者がいた(15)強面の刑事役で売り出す ダナ・アンドリュース
映画監督佐々木康生誕100年祭
「脱」映画横断(6)チベット・長野ラプソディー
映画とストリップ・断章(1)ストリップの元祖は松井須磨子
映画本の困った人たち(9)玄人童貞のアイドル〔ほか〕

今年二月二日から八日まで池袋新文芸坐で開催された
「映画監督佐々木康生誕100年祭」のレポートを書かせて戴き掲載させてもらいました。
このBOLGにもこの映画祭はリアルタイムに紹介させて戴いていますが、この記事をこの映画祭を企画した円尾敏郎氏が丹野編集長に紹介してくれこのレポートが実現しました。
この「映画論叢」19号にはその映画祭のゲストトーク語録を中心に書きましたので、当時の東映京都撮影所での時代劇黄金時代が蘇り、愉しくあらたに映画を顧みる事が出来ると思っています。
もし宜しかったら読んで下さい!
なお、都内では紀伊国屋書店新宿本店、新宿南店サザンシアター ジュンク堂池袋店 映画コーナーの棚に置いてあるとの事です・・・。
また、出版元の国書刊行会やオンライン書店で比較的手に入りやすいようですので新宿、池袋まで出たくない人は便利かもしれません。
「映画論叢19」で検索すると、各オンライン書店で扱っているところがヒットします。


佐々木 康 生誕100年記念 上映会 みゆずメソン
 みゆずメソンHP  この中に映画祭のMYBLOG記事がリンクしています。

国書刊行会

樹花舎HP 「映画論叢」
[PR]
by Colombedor | 2008-11-30 13:59 | La Colombe d'Or
      「映画監督佐々木康 生誕100年祭
          東映オールスター時代劇映画特集」

 2月2日から池袋 新文芸坐で開催されます!!
a0016177_23231112.jpg
今回は14本中6本「血斗水滸伝 怒涛の対決」「曾我兄弟 富士の夜襲」
「新諸国物語 全シリーズ」「大岡政談 千鳥の印籠」がニュープリント上映に
 なりますすので必見です!!

また、今回の特集上映で超豪華ゲストによる連日のトークショー があり、これも必聴です。
邦画絶頂期の華々しい東映京都撮影所製作時代劇映画が、現代まで民衆に愛され
受け継がれ培われた、当時の時代劇製作模様を各ゲスト本人しか知らない裏話まで交え
話してくれると思います。
時代劇ファン及び映画ファンには興味深い事柄がたくさん話されると思いますので、
是非皆さんと耳を傾け当時の華麗なる時代劇に耽り、その銀幕に酔いしれたいと思います!

ゲスト予定

2/2(土) 高岩 淡さん
     (現東映株式会社相談役 前東映社長 前東映京都撮影所所長
                                東映太奏映画村生みの親)
2/3(日) 高千穂ひづるさん (女優)
2/4(月) 浦里はる美さん (=浦里はるみ 女優)
2/5(火) 松風はる美さん (=松風利栄子 女優)
2/6(水) 尾形伸之介さん (=中野文男 男優、殺陣師)
2/7(木) 片山嘉宏さん (元東映京都美粧、NHKメーキャップ)
2/8(金) 佐々木真さん (佐々木康監督長男)


 尾形伸之介さん、片山嘉宏さんとは何回か両氏の講演がありましたので、
今回もこんな様子で観客と一体となって話してくれると思いますので、
傾向と対策として参考に掲載しておきます。
本当に、興味ある当時の殺陣師、美粧(メイク)を通して、撮影現場の様子、また
出演俳優の様子など昨今あったように話してくれます。
また更に、ドラマを志す若い人たちには今後どうしたらよいのかを経験から的確に示唆してくれる事と思います。
               志のある若いドラマ人希望者は必聴!!

a0016177_232921100.jpga0016177_23294658.jpg







(左)  尾形伸之介さん 男優、殺陣師 
 主に故中村錦之助(萬屋錦之介)出演作品多数。
 特に内田吐夢監督作品「宮本武蔵」シリーズ
 「祇園祭」(1968)「子連れ狼」シリーズなど名作多数。
 また、ー東映剣会ー生みの親の一人でリーダー的存在。

                    (右) 片山嘉宏さん 元東映京都美粧、元NHKメーキャップ
                     東映、NHK共に鶴田浩二さん主に担当。
                     及び東映美粧、NHK新人メーキャップを多数育成。


DATA2008.2.1.23:43
[PR]
by colombedor | 2008-02-02 10:37 | 映 画