Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

フイルムセンター 特集・逝ける映画人を偲んで  2007-2008 
In Memory of Film Figures We Lost in 2007-2008 において

若杉光夫監督演出 女優南風洋子出演の優作映画『ガラスの中の少女』
(1960年日活=劇団民藝) が上映されます!
この映画上映後、吉永小百合と浜田光夫という日活青春映画“ゴールデンコンビ”が生まれ
以後、
日本中に”純愛”ブームが巻き起る発端記念作品。
一人見るテレビ画面ではなく、当時と同じ劇場環境で、大スクリーンと多くの観客と”観て”
共感しあい、この映画の歴史的文化価値を見出したい作品です。
そして、若杉光夫監督 女優南風洋子さんを観客と共に追悼したいと思います・・・・。
なお、この作品『ガラスの中の少女』は28年を経てもこのテーマ色褪せず、
若杉光夫監督が黒澤明監督の助監督を務めた御縁なのでしょうか、その黒澤組の助監督を
務めていた秘蔵っ子の一人 東宝出身の出目昌伸監督が1988年に東映でリメークしています。

その関連BLOG
映画『ガラスの中の少女』 関連記事

京橋フイルムセンター   フイルムセンター  リンク
上映スケジュール  7/5(日) 1:00pm   8/20(木) 3:00pm

『ガラスの中の少女 』
(65分・35mm・白黒) 中学を卒業して町工場で働く少年と、高校へ進学した大学助教授の娘の純愛を描く。抒情的な青春映画を得意とした若杉光夫が日活で監督した一本。デビュー直後の吉永小百合と浜田光曠(光夫)が本作で初めて共演し、その後の青春スター・コンビの出発点ともなった。  (フイルムセンター HPから)


逝ける映画人を偲ぶ
  監督若杉光夫 出演:南風洋子(春江)、草薙幸二郎(中村)、水原英子(女子高校生)

日活=劇団民藝 提携作品 1960年
企画   大塚和   監督 若杉光夫 助監督  宮川孝司  脚本  青山民雄  原作 有馬頼義
撮影   井上莞  音楽 木下忠司  美術 岡田戸夢  録音 丸山国衛  照明 内藤安三郎
編集 青山一郎  製作主任   小林吉男  スチール 浅石靖

出演 吉永小百合、信欣三、轟夕起子、浜田光曠、大森義夫、小夜福子、吉田雅俊、
稲垣隆史、佐野浅夫 斎藤久美子 石田桂子 村田寿男 澄川透 日野道夫 白井鋭 斎藤美和
鈴村益代 林茂朗 谷田部靖 山田禅二 山根照雄 大塚興一 大滝秀治 高田栄子
入江吉子 多勢マユミ   中村歌


併映
『ルポルタージュ 炎 』
(’60 岩波映画製作所 37分・35mm・カラー)
逝ける映画人を偲ぶ 音楽 松村禎三
監督・脚本 黒木和雄  撮影 小村靜夫  録音 久保田幸雄  解説 長門裕之

「水」を主題とした『海壁』の続篇で、「火」をテーマに発電所の建設作業を記録したもの。現代音楽の巨匠・伊福部昭などに師事した作曲家・松村禎三は、黒木や熊井啓の作品の多くを手がけ、本作のような前衛的な音楽を得意とした。(FCホームページから)

蛇足;
音楽の松村禎三さんとは、若杉光夫監督の元で助監督を務めたこともある熊井啓監督作品映画「ひかりごけ」で一緒でありました。またその後、名島徹プロデューサー作品で松竹大船撮影所に行った時、劇中のクラシック音楽の使用著作権のことをお伺いしたく製作室に行きましたら偶然にちょうど松村禎三さんが居られ、すぐに示唆して戴いた事が思い出されます・・・・。
[PR]
by colombedor | 2009-06-21 18:42 | 映 画