Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

<   2005年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

振り込め詐欺 のやりとり録音を公開 新潟県警察
[PR]
by Colombedor | 2005-01-26 00:14 | des Notes
振り込め詐欺のやりとり録音を公開していました。

振り込め詐欺(恐喝)において新潟県警察が
犯行手口を知り、被害に遭わないよう呼びかけています!

その中で,昨年8月に神奈川県で発生した
未遂事件のやりとりした録音を公開していました。

実際に犯人からかかってきた電話を聞くのはこちら

これでは騙されると、納得してしまいます。
犯人は、警察の日常活動を心得ているし、
落ち着いて淡々と話す口調は役者です。

参考に中山元建設相が犯人を撃退したよう様子を・・・・・
中山元建設相と知らず? 振り込め詐欺電話
長男は議員 無事確認し通報
 サンケイ新聞から



この様に、中山さんが撃退したように詐欺犯人からの電話に動揺せず、
すぐに確認をとり詐欺に引っかからないようにしていただきたいものです


振り込め詐欺(オレオレ詐欺)あなたの危険度診断
などあり、自分自身の危険度を知っていただきたいです!
詐欺に遭われませんように。

ドラマの資料としてでも,貴重な資料です。  参考までに・・・・。

振り込め詐欺(オレオレ詐欺) にあわない為に


朝、慌てましてリンク先誤っていましたので再信しました。
[PR]
by Colombedor | 2005-01-25 22:46 | Paroles
新潟経済界が県立野球場建設促進委員会を立ち上げたそうです。

新潟経済界が県立野球場建設促進委員会設立 日経・新潟日報

2008年のプロ野球オールスターゲームの開催と09年の新潟国体開催に合わせ、
08年中の完成を県に求めるーそうですが、
あまりにも公的資金をあてにした内容で腹立たしく思いました。
「(90億円と言われる) 建設費ぐらいはお願いできるのではないか」
県の総予算からみれば、90億はたいした額ではないかもしれませんが
それは市民の血税です。
一円たりとも市民からの血税です!!
安易に90億かかるー建設費ぐらいーと言ってほしくなかった!!!

新潟経済界はアルビレックス新潟の成功例にとり、
まるで狸の皮算用のように思えます。
いまだに、高度成長期、バブル期のごとく血税が
簡単に投入でき、公金が市民を豊かにすると考えている、
化石のような県財政界トップには失望しました。

広島では、広島市民球場の新球場建設を目指す
「たる募金」を始めて、
建設資金の一部にと県内、県外と市民一丸となって
キャンペーンをおこなっています。
その市民パワー意識が県を動かし、国さえも動かし
広島市民球場の新球場建設を目指し努力し
公的資金の投入を得ようとしてます。

新潟は上からの指導で、最初から公的土木建設効果を
あてにしているのは見え見えで、
市民が新球場を切望している様子はうかがえないのは
残念です。

確かに以前から新潟には、プロ野球誘致とその球場建設と
いう話はありました。
今こそ新潟野球ファンは、広島カープファンごとく
立ち上がってほしいと思います。
まずはただ義理で署名する、10万人署名よりも
多少なりとも建設資金の足しにと、
募金額を新球場建設切望の県民意識の証にし、
足りない分を公的資金投入という、
直球ストライク大義名分において、
新球場建設をと、おもうのでありますが・・・・。

知事 いかがでしょうか?

広島 「たる募金」 公式サイト

中国新聞 カープ・新球場情報

広島で「たる募金」開始/市民球場の建設資金 子供さえも募金 四国新聞

日本橋 三越での「たる募金」 以前のBlog記事より


 元祖 ランキング   参加中!
プチッとPushぷっしゅーお気に入りましたら
[PR]
by Colombedor | 2005-01-19 12:33 | Paroles
私個人で、どこでもネットで参照できるようにMemo書きしたものですから、
歴史教科書には参考になりませんので悪しからず!!
しかし雑学にはなるかもしれませんが・・・・・? 参考まで。


1275年 (文永12・建治元)
         高麗の疲弊は、その極に達していました。
忠烈王は使者をフビライに送りました。
  「もし、また、日本遠征のことがおきれば、軍艦・兵糧はわが国の負担
能力をこえる。わが国はすでに皮すらなくなった。どうにもなりませ
ぬ。」(「曲諒哀哀之訴」『高麗史』)


1275年 建治元年
4月15日
      日本に服従を求め、使者 杜世忠を送ってきました。
        執権北条時宗は9月4日七里ケ浜の近くの龍ノ口で斬りました。
           (「元使五人塚」・五輪の供養塔五基・藤沢片瀬常立寺じょうりゅうじ)
        
          「門を出ずるに、妻子は寒衣を送りたり、
           我に問う、西に行き幾日にして帰ると、」
                  (正使の辞世の詩の一部『続群書類従』)


10月     元は高麗に「戦艦を修造」させ、
11月     「鏃迭やじり」をつくるよう命じた。(『高麗史』)

CF ベネチア人マルコ・ポーロが元に入った

1276年 建治2年
 正月     製造を中止させました。宋との戦争が終わらないことや高麗の負担を考慮

正月      元は南宋の首都臨安(杭州)を落し

1279年 弘安2年
 2月     最後の南宋皇帝も自害し、宋朝は滅亡しました。
        日本と宋を同時に攻撃するのを避けていたフビライは、改めて日本侵略
        に的をしぼりました
        宋将軍達は元軍の前に降伏し、なかには積極的に
        日本遠征をフビライに提言する者もいました


 二月翌日   南宋皇帝が没した翌日、
        早速、宋の支配下だった楊州など4州に日本征伐のための
        「戦船六百艘」の建造を命じました。

 6月     高麗へ「戦船九百艘」の建造を指令しました。


 6月     南宋と日本とのよしみで元との通好をすすめると、
        日本は応ずるかもしれないということで、南宋の使者
        が国書を携えて来日しました。内容はフビライのものと変らず脅迫めいた
        ものでしたから、京・鎌倉にまわすまでもなく、博多で斬首しました。
        「噂によると、宋は蒙古のため、討ち取られ、日本も危なくなるだろう
         と宋朝(遺臣)よりの忠告があったようだ」(『兼仲卿記』)



 8月     この使者と一緒に渡って来ていた水夫4人が逃げ帰り、
        4年余も消息のなかった元使五人の斬罪の模様が報告。
        使者の返事を待っていた元の役人達に「日本討つべし」の
        声を挙げさせるものとなりました。
        フビライは一層日本への征服の気持ちを高ぶらせました。

1281年 弘安4年
 正月     フビライは日本遠征を命じました。

5月3日    東路軍が合浦を立ちました。
        (途中、巨済島にしばらく碇泊。これは風待ちと偵察のためだと思われます)

5月21日   頃対馬を侵し、

5月26日   壱岐の勝本の忽魯勿塔くるもと(浦海うろみ海岸)に向かいました。

6月6日    東路軍は博多湾に姿をあらわしました

  6日より13日まで、戦いは昼夜を問わず行われ、元の船は鷹島に退きました

6月15日   東路軍、江南軍は壱岐沖で合流して、一挙に日本を攻めるという方針でしたが、
        東路軍が早まって博多を攻めたため、失敗

 29日から7月2日まで、壱岐島の合戦は、行われています。

7月初頭、   両軍の兵員は14万に達し、戦艦は5千艘にちかい大軍に

        後20日ぐらい海上に浮かんだまま

7月27日   主力が鷹島に侵入し始めました。いよいよ、博多湾頭での日本軍
        との決戦態勢に入ったのです。

  30日   風が強くなり、夜になると暴風雨となりました。
陽暦8月23日 台風が北部九州をおそったのです
        元軍10万、高麗軍7千、14万の大軍はその4分の3を失いました

         「西国ノ早馬付テ、申テ云、去七月晦みそ(正7月29日条)
          日の夜半より戌刻マデ、風ヲビタダシ(ク)吹テ、
          閏七月一日ハ、賊船悉ク漂湯シテ海ニ沈ミヌ」 
                       『八幡愚童訓』は記しています。

          「上下大慶の由、謳歌おうかてえるなり」
            (京都に勝報が届いた時の様子を書いたもの『弘安四年日記抄』)

          「官軍返らざるもの十万いくばくか有、我軍返らざるもの七千余人」
                               (『高麗史』)

二、三万の兵が捕虜になった。
捕虜は博多に連行され、日本人は蒙古・高麗・漢人を殺したが、
江南人は殺さずに、奴隷とした。
その結果『十万の衆、還るを得た者三人のみ』と散憺たる失敗に終わった。

江南人とは、その数年前にモンゴルに滅ぼされた南宋の人たちである。
彼らは日本人ともなじみが深く、海上貿易の達人で
船の造り方、海の道、各地の物産の情報、様々な海外情報の取得である。
その結果、日本人は海外へ躍進した。
      それは大陸からは倭寇と呼ばれて恐れられることになった。
      元寇が倭寇を生んだのである。
      日本人は環シナ海の情報を得ることにより海洋アジアに乗り出した。
      十四世紀から鎖国にいたる「海の時代」を迎えることになったのである。


 元祖 ランキング   参加中!
プチッとPushぷっしゅーお気に入りましたら
[PR]
by Colombedor | 2005-01-18 23:58 | des Notes
 私個人で、どこでもネットで参照できるようにMemo書きしたものですから、
歴史教科書には参考になりませんので悪しからず!!
しかし雑学にはなるかもしれませんが・・・・・? 参考まで。


1231年   元に攻められた高麗は降伏し、属国となった。
        これにより高麗は元に美女を献じるようになる

この頃 安房の海民の家に生まれた日蓮上人は九歳の時、
         高麗が元に攻められたことを同じ海民から教えられたという。
   このように元の脅威は海民を通じて日本各地に伝えられていた。


1234年  朝鮮で金属活字で印刷された「詳定古今礼文」が編纂。
       金属活字での印刷は世界初である。

       大汗(ハーン)フビライ(忽必烈)に、
       壮大な「日本征服」計画を吹き込む一人の高麗人 趙彝(チョー・イ)。



1261年  モゴルは定住農耕地域の南宋に宣戦

1266年 文永3年  
  8月    第一次日本招諭
        モンゴルは日本へ使者を送って自己の陣営に引きこむ計画に
        着手「日本招諭」日本招諭の趣旨は、和好を結んで親睦しようという
        やわらかいものでしたが、
       「兵を用うるに至りては ,それたれか好む所ならん」という脅し文句も
       忘れていま せん。
      フビライは、使者を日本へ導くよう高麗に命じ、使者の黒的(こくてき)には
      「 風濤の険阻をもって辞(いいわけ)となすなかれ」とクギを刺していました。

 12月   黒的は朝鮮半島南辺の巨済島(コジェド)に至りましたが、
       高麗の先導役と黒的は共に対馬の方を望み
       先導役は風涛の猛威・対馬島民の野蛮で無礼な行動などの不安を述べた。
       黒的は「遙かに対馬(つしま)島を望むに、大洋万里、風濤天を蹴るを見」と
       意気沮喪して引き返しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高麗は日本がこのような要求を飲むはずもなく、
       また、戦いともなれば高麗軍がまっさきに 海を渡ることを
       命じられていることがわかっていたので、高麗は宮廷を訪れていた
       元の使者を冬の荒れ狂う日本海に案内し、これに納得した元の使者は
       渡海できないことをフビライに 報告しました。
       しかし、このことにフビライは烈火のごとく怒り、高麗に対して国書を
       送る よう厳命したため、やむなく文永5(1268)年1月、
       高麗はフビライの国書を太宰府に届けました
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
      モンゴルと日本が戦争になることを望まない
      高麗の宰相李蔵用(イジャンヨン)が、黒的と示し合わせて打った
      大芝居でしたが、フビライは激怒して、今度は高麗の責任で
      日本と交渉せよと命じます。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1267年  
        第二次日本招諭 日本へ使者を送る

  翌年末  元の使者が高麗に派遣され、そこで、遂に高麗の使者 潘阜(ハンプ)が
        元と高麗から元皇帝の属国になるよう促す国書を持参し、
        対馬から博多から太宰府へとやって来ました。


1268年  高麗使潘阜(ハンプ)は大宰府に到着し、ここではじめて日本は
       モンゴルの意図を1月 知りました。
 文永5年  筑前守護少弐資能すけよしは、国書を四十日後に鎌倉に送りましたが、
         国書は四十日後に鎌倉に届けられ更にその一月後に幕府は京都朝廷に
         奏上した
閏1月8日 鎌倉に到着し,更にその一月後に幕府から朝廷に奏上される。
   朝廷では連日評定(ひようじよう)の結果,
         「返牒あるべからず」と議決、黙殺
         返書を送らないことに決め,
   諸社寺に異国降伏の祈祷を命じる。

            「上天眷命
       大蒙古国皇帝,奉書
        日本国王,朕惟自古小国之君,
          境土相接,尚務講信修睦」

3月5日 老齢の北条政村(まさむら)(64)に代えて
   弱冠18歳の時宗(ときむね)を執権
     ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         国書の宛名には「日本国王」と書かれていたため、朝廷にも意見を
  求めましたが、朝廷でも幕府と同じく「返蝶あるべからず
   (返書は出すべきではない)」という決定がなされたために、
    高麗の使者は空しく帰っていきました。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       第三次日本招諭 蒙使黒的ら?を日本へ導くが、
       三回目の使者は対馬まで行って引き返しました。

1269年  
       第四次日本招諭 蒙使を日本に導き
  2月   蒙古の使臣団が対馬島に到着したとき、日本側が武力で応じたことを
       寛大に受け入れながらも、この過程で捕まえた日本人2人を送還することを
       通告した。

       蒙古国中書省の牒は、この時期前後に日本に送られた
クビライの国書に近いレベルで穏健な文面になっているが、
これより3年前クビライが日本を招諭するために発給した国書の内容より、
具体的に闡明すると同時に若干の脅迫性を持っている

       慶尚道按察使の牒により、高麗が友好的な関係にある日本に
蒙古の使臣団を案内することになったのは蒙古の圧迫によりやむを
得ないことを示しながら、黒的・殷弘らによって逮捕された倭人2名を
送還するとの事実を通告したのであ。

      (三月?蒙使が七十七余名の従者を連れ対馬に来たが
押し問答の末に帰国した?)

   (秋 ?  その秋対馬を経て太宰府に到着、蒙古中書省の牒を示した。
       朝廷は「日本は神国ゆえ蒙帝の威嚇に屈せず」と拒絶の返書を作ったが、
       幕府は「牒状の文意無礼なり」と使者を帰らせ
       朝廷から送付の返書草案は握り潰した)


        (四回目は、国書を日本側にわたすことには成功しましたが、
          朝廷が出そうとした返書を幕府がにぎりつぶしてしまいます↓)

1270年 文永七年
  正月   正月付けの文書案作成し朝廷は元へ返牒を送ろうとするが、
        これを幕府が抑え        る。
       文書案は、武力を背にしての交渉であることを痛烈に指摘
       返書のことは、衆庶の知ることとなり、京都のある僧などは、
       返書が撤回されるように神仏に六十日間熱烈に祈願した

 12月   趙良弼(チョリャンピル)が日本国信使に任命される

1271年 文永8年 
  正月   日本招諭使趙良弼は正月初頭に高麗・開京にきて、
        かれを護衛する蒙古軍も出動していた。
        しかし招諭使は日本へ渡れなかった。
        それは三別抄が朝鮮南部を制圧していたからである。

 3~4月頃 三別抄が珍島から日本に使者を送り、援軍と兵糧を求めた

 9月19日   五回目の使者が有名な女真人・趙良弼(チョリヤンピル)で、
       今度も朝廷は返書を送る決定をしまし
       たが、またも幕府の反対でとりやめになりました。
       朝廷は急いで伊勢に勅使を派遣し、神々に異国降伏を祈った。

       9月19日に、返書を求めて来日した蒙古の国使趙良弼は、
       そのまま1年以上日本に滞在し、つぶさに太宰府付近の地理を
       観察したり国政や風俗について調査している。

 11月   五代皇帝フビライが国号を大元と定める

1272年  高麗国王忠烈はフビライに日本を攻め、属国にすべしと進言を行う。
 3月    忠烈の正妃は元の皇女 (自ら元の習俗、制度を取り入れている)
       フビライは開戦を決意

       (去歳九月
       趙良弼は、張鐸にその二十六人の日本使を京(蒙古朝廷の都)に送らせた。
       フビライは、その国使を疑い、大宰府西守護所の偽りであると言った。
                       『元史日本伝(1272年2月条)』
 


1274年 文永十一年
  正月   蒙古は高麗に対し、日本侵攻のために戦艦建造を命じた。
       高麗側では、蛮用(南宋様式)では手間もかかり期日に
間に合わないので、わが 国の様式にしたとある
       蒙古・漢(女真族)軍2万5千、高麗軍8千、水夫6千7百が乗る船

 10月5日 九百艘三万人からなる元・高麗の大軍が対馬を攻撃

   20日 博多まで攻め落としている。

   21日 船に戻り、撤退している。



/////////////////////////////////////////////

六六年より、モンゴルは日本へ使者を送って自己の陣営に引きこむ計画に着手しました。
これを「日本招諭」と呼んでいます。

 これら一連のできごとは、南宋に照準を定め、これを北および東西から包囲するという綿密な戦略にもとづくものでした。そして一二六八年、モンゴル軍は長江の支流漢水(かんすい)に臨む湖北省の要害の地、襄陽(じょうよう)を包囲しました。ここを南宋が守りぬくか、モンゴルが陥落させるかに、戦争全体のゆくえを決めてしまうはどの重みがかかることになります。

 日本招諭の趣旨は、和好を結んで親睦しようというやわらかいものでしたが、「兵を用うるに至りては、それたれか好む所ならん」という脅し文句も忘れていません。フビライは、使者を日本へ導くよう高麗に命じ、使者の黒的(こくてき)には「風濤の険阻をもって辞(いいわけ)となすなかれ」とクギを刺していました。

 黒的は朝鮮半島南辺の巨済島(コジェド)に至りましたが、「遙かに対馬(つしま)島を望むに、大洋万里、風濤天を蹴るを見」、意気沮喪して引き返しました。モンゴルと日本が戦争になることを望まない高麗の宰相李蔵用(イジャンヨン)が、黒的と示し合わせて打った大芝居でしたが、フビライは激怒して、今度は高麗の責任で日本と交渉せよと命じます。

 高麗使潘阜(ハンプ)は一二六八年に大宰府に到着し、ここではじめて日本はモンゴルの意図を知りました。三回目の使者は対馬まで行って引き返しました。四回目は、国書を日本側にわたすことには成功しましたが、朝廷が出そうとした返書を幕府がにぎりつぶしてしまいます。七一年に来た五回目の使者が有名な趙良弼(チョリヤンピル)で、今度も朝廷は返書を送る決定をしましたが、またも幕府の反対でとりやめになりました。

////////////////////////////////////////////////////////////////

フビライは1266年に「日本国王」に宛てた国書において「ねがわくは、自今以往、問を通じ、好を結び、もって相親睦せんことを。かつ聖人は海をもって家となす。相通行せざるは、あに一家の理ならんや。もって兵を用うる至りては、たれか好むところならん」と書いてよこした。いわゆる蒙古国牒状である(写本が東大寺に現存)。


/////////////////////////////////////////////////////////////
「日本征服」計画に乗った忽必烈は、文永4(1267)年を皮切りに、以後14回(蒙古が8回、高麗が6回)にわたって、招諭使(使節)を日本へ派遣して来ました。

/////////////////////////////////////////////////////////////

上記新しい試みをTRY!!



[PR]
by Colombedor | 2005-01-18 00:46 | des Notes

たる募金でステッカーを


a0016177_002948.jpg



先日 日本橋三越でのたる募金の様子です!
 (手ぶれしてしまいましたすみません)
多少ながら募金しましたら、おじさんが

 広島「たる募金」キャンペーン 
   みんなで新球場を!!


a0016177_011771.jpg


のステッカーを二枚くれました。
今、どこに貼ろうかと模索中です・・・・。

また、広島では新球場建て替えの意見交換が活発のようです。
建て替え資金において、公的資金投入が難航してるようです。
現時点での話つめ具合は、・・・・・

 現在地でオープン型に建て替え、民間と市、広島県が出資する
第三セクターによる特定目的会社(SPC)方式への
支持が大勢を占めた、そうです。
公金支出 市・民間に温度差 中国新聞

 少しでも、たる募金による,資金集め行為による
新球場建設意識の市民高揚が建て替えのキーワードになる気が
します。
カープガンバレ!!
a0016177_014216.jpg

[PR]
by Colombedor | 2005-01-16 00:07 | Paroles
広島 呉市と音戸、倉橋両町の住民から山古志村へ
真心カキを届けていただけるそうです。

 越後出身者で広島の皆さんと一体になり映画作りに、
参加させていただいた私自身にとっては、
大変ありがたい行為に、
感謝感激します!
山古志村へ真心カキ 呉・音戸・倉橋住民 中国新聞

 この二、三日、新潟は大寒気で大雪だったそうです。
そんな中、広島から栄養「海のミルク」と呼ばれる
カキを雑炊と焼きガキで振る舞ってくれることは、
どれだけ善意の機微に触れ、こころ温まり
元気つけられることでしょうか。

 蛇足ですが私も、先日広島物産展での
「たる募金」に行き、
帰りに生かきを買い、毎日美味しく食べさせて
頂いています。
 
a0016177_1075957.jpg


広島カキは本当に美味しいです!!
それが上記写真です。プリプリで味が濃厚でした。

ちょっといい話でしたので・・・・・。
[PR]
by Colombedor | 2005-01-14 10:09 | Paroles
数々名作を生んだ、TBS・大映テレビの“ゴールデンコンビ”が製作する
「聞かせてよ愛の言葉を」(月~金曜後1・00~ 2月21日スタート)
のマスコミ会見があり、新聞でとりあげていましたので・・・・。

“ゴールデンコンビ”17年ぶり復活…伊藤&松村で昼ドラ サンケイスポーツ

TBS・大映テレビ製作のシリーズドラマ主なものに

「ザ・ガードマン」

「おくさまは18歳」

宇津井健・山口百恵コンビによる「赤いシリーズ」

「噂の刑事トミーとマツ」(現在リメーク中)
   ー当時私は、この作品で脚本家長野 洋さんを知り、TV連続ドラマの面白さを
   再認識しました。
   初めて大映TVでお世話になった時には、「赤い霊柩車」の脚本家が
   別の人になっていたのは残念でした。
   長野さんの脚本で現場ができることに歓びを感じ、
   当時気合はいった思い出がありますー

「スチュワーデス物語」

「スクール・ウォーズ」(昨年、師関本郁夫監督で映画リメーク)
     など多数!!

詳細は大映テレビ小史参考していただきたいです
大映テレビ小史

この様に、社会現象の”一時代”をつくった伝統ある製作コンビです。
この“ゴールデンコンビ”製作だからこそドロドロの人間模様が拡張され、
実社会では見ることや感じることの出来ない社会的駆け引きを、
ドラマとしての枠の中で自分自身と共感・対比し、
自ら気づき、感じさせてくれるはずです。
ドラマの本髄ーカタルシスーにはまり、
心と生活の浄化に一役かってくれずはずです!
故に面白いドラマになっていると思います。!!

 実はこの作品、私にも声をかけて頂いたのでしたが、
別作品と時間の都合が出来ず、参加できなかった作品です。
本当は、この作品を一番やりたかったのですが・・・・!!!
 前記大映テレビ名作ドラマのように、
伝統的なフイルム感覚・大映テレビ方式で、
大映テレビが昼メロを製作するとゆうので、期待していました。
大映テレビデータファイル *「さ」行*
●16mmフィルム 参考してください



しかし作品に参加できずも、視聴で参加させていただき
自分自身を浄化させて頂きたいと思います!!

皆さんも、大いに期待してください!!!

大映テレビ名作DVDBOX 情報
[PR]
by Colombedor | 2005-01-13 12:59 | Paroles
広島市民球場に替わる新球場建設を目指す
「たる募金」が、東京・日本橋の三越本店で
「山陽・安芸路の観光物産展」に
おいて行われています。
10日から明日12日までだそうです。
「たる募金、物産展に登場 東京・三越本店」 中国新聞

またJR新宿駅南口近くにある
広島県のアンテナショップ「ゆめてらす」でも
広島市民球場に代わる新球場の建設を目指し、
広島を中心に展開されている「たる募金」が十二月十一日から、
東京でも始始まっています。
広島に新球場を
『たる募金』新宿でも 東京新聞



広島へ行った時、本当にカープ球団は市民に愛されるなあと感動しました。
広島のみんなは、お好み焼きでカープ談議しているときが
一番活き活きしていました。
当然、アツアツのお好み焼きをヘラでほおばりながら・・・・。

やはり、この風景のように街々に身近なプロスポーツ集団は必要とおもい,
その様子は、自分自身羨ましい風景でした。
プロスポーツ集団は、地方文化の誇りであり、
バロメーターだと思います。
カープはカープ 広島カープであり地元広島であるべきだと思います!!
故に、「たる募金」 しに行きます!!
みなさんも、是非御協力ください!!

「たる募金」とは

当然、
物産展で本場広島お好み焼きをも食べます!!
箸でなく、ヘラでありますように・・・・。
東京の広島風お好み焼きは箸を出しますー邪道です!

また十二日までの期間中のほか、物産展に関連して十一日、
都内のホテルである観光の夕べでも、浄財を募るそうです。

 知っていただきたい情報が目に入ったもので・・・・。
取急ぎ、早々
[PR]
by Colombedor | 2005-01-11 15:46 | Paroles
「義経」 大河ドラマNHKで放映が始まりました。
九郎判官ー義経ーびいきなのか、人気が古今衰えず!

歴史ドラマの悲劇のヒーロー義経には華があり魅力を感じます。
今放送一年期待したいと思います。

その放送記念に、昨年みつけた古文書の写しを公開したいと思います。
それがこの写真です。
a0016177_16465966.jpg
 
  昭和四年八月二日写し 記
[新潟県 月潟村 郷土資料館・美空ひばり記念館 展示より]

文治元年三月 角兵衛獅子に義経と弁慶から通行手形を戴いたようです。

文治元年三月といえば、
1185年 義経27歳 その年一月には平家追討に出発し、
二月屋島の合戦で大勝利し、
その勢いで三月、下関の壇ノ浦で平家を滅亡させた時である。

その時に、義経から戴いた通行手形ならすごい価値のある
古文書ではないでしょうか・・・。
当時のトップアイドルからじきじきに戴いたのだから!
すごいものです。

また、その後四月には、景時から義経の不義を訴えられ
以後、トップアイドルが奈落のそこにへと・・・・冤罪罪人になり、
東北へと逃げさるのである。
悲劇のヒーローのドラマチックな始まりなのです。
故に、義経華のある絶頂期の古文書でありますから、すごく価値のあるはずであります。

しかし、平家打倒時に、いくら昨年八月左衞門少将・検非違使石に任ぜられていたとしても、
この様な通行手形を義経本人が出していたと考えられるでしょうか?

私は、年代が誤りであり、
奥州藤原氏の平泉へと下がる途中の越後国において、通行手形を出したと、
判官びいき的に考えたいと思います。
そのほうが、平泉に向かったルートは、北陸・日本海越後国から東北に入ったと
仮定でき、義経伝説に華を添える事ができるからです。
越後国・角田浜には、
a0016177_1710851.jpg

判官舟かくし
の洞穴があるからです。
a0016177_17104241.jpg
そう考えると、越後人は義経・九郎判官びいきでドラマをロマンチックにし、
自ら創造を膨らまし歴史を楽しめるからです・・・・。










a0016177_17113952.jpg

確かに、この古文書は歴史教科書からは遠く離れているかもしれませんが、
あえて角兵衛獅子発祥の地・月潟村に古くから大切に保存され、
言い伝えられていたことに、歴史のロマンを感じ、
判官びいき義経と芸人、農民と相容れて、弱いものがヒーローになり
自分たちの生活を慰め、活を入れていたと思うと、
なおいそう、愛着がわきます。

そんな思いから、載せていただきました。

越後角兵衛獅子外伝・義経発行通行手形
a0016177_1722046.jpg

[PR]
by Colombedor | 2005-01-10 17:34 | Paroles