Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

カテゴリ:des Notes( 11 )

Diamond forever

ダイヤモンド豆知識

ダイヤモンド コレクション2006 展示会の様子

京都 寺内

ダイヤモンドの選び方

グレーディングレポート(鑑定書)


GIA JAPAN

天使が射止めた恋する石 ハートアンドアロー


セレブパーティー


JETRO


盗難保険 損害保険



損害保険調査員 小事件簿

宝石貴金属店の防犯対策

銀座の宝石35億円分強盗




[PR]
by colombedor | 2006-12-01 09:44 | des Notes
横内美知代さん
闘病しながら子育てする親とその子どもたちへ

闘病しながら子育てする親と子どもたちを支援を要請する会「永遠の会」を立ち上げ、
この会を通して、敷地内に24時間対応の保育施設のある病院が全国にできるように病院、
企業、行政などに要請。

横内美知代さん HP

横内美知代さん BLOG

スヴェンソン 横内美知代さんCM

ねむの木の子守歌CD 試聴

永遠(とわ)へ―ガンを抱えた母から、まだ幼い我が子への手紙 横内 美知代【著】

前を向いて歩こう! みどりさんのHP 乳がん・骨転移について、私の体験を治療メモ

SickSiteNavi

国立がんセンター

NICUってどんな所

「がん患者サービスステーションTODAY!」 VOL-NEXT 代表取締役 曽我千春 さんのHP

『再発後を生きる』三省堂

エンジェル日誌(34)

来 宮 神 社 の 大 楠

乳幼児ホームとは




[PR]
by colombedor | 2006-10-20 19:20 | des Notes

澤田 美喜

澤田 美喜  エリザベス・サンダースホームを作った「混血孤児の母」

澤田 美喜 関係

ボストンかわら版」

沢田美喜 年表 Wikipedia

本郷の岩崎美喜と、大磯の澤田美喜

「系図でみる近現代」

聖ステパノ学園

澤田美喜記念館

三菱ゆかりの人シリーズ

キリスト教人物小伝(16) 澤田美喜(1901~1980)  神の声 
  美喜の耳元に、静かな声がささやき続けました。
   「もし、お前が、たとえいっときでもこの子供の母とされたのなら、
    なぜ日本国中の、こうした子供たちの、その母となってやれないのか」


社会 世相関係

昭和歌謡年表(昭和21年~昭和30年)

私の世代・戦争・戦後 ・終戦-昭和40年

近現代・日本のお金 物価等





E X

ロケーションジャパン

全国フィルム・コミッション


[PR]
by colombedor | 2006-06-29 19:53 | des Notes

床下 腐食写真

漏水による腐食の様子
a0016177_9281037.jpg


悪徳リフォーム会社 チラシ  大幅の割引表示  3万円~ の上限表示が曖昧
a0016177_930351.jpg

[PR]
by colombedor | 2005-09-19 09:33 | des Notes

リフォーム 2

悪徳リフォーム  見積書
a0016177_8513012.jpg

悪徳見積POINT    数量  一 式


悪徳リフォーム  契約内容  工事承諾書
a0016177_8515118.jpg

[PR]
by colombedor | 2005-09-17 08:27 | des Notes

中国語 電話

中国語 電話受けて・・・・・    中国語漢字ないので省略


はい、  宮元です           ニイハオ、ジョー リー シー 宮本

   ・・・・・・・・・・・・・・・・

お電話いただき              シエ シエ ニー デェ ディエン ホア 
    ありがとうございます

   ・・・・・・・・・・・・・・・・

いやー、とんでもないです       グアイ ブー ヤオ シェイ シエ レェ
   
本当にありがとうございます      ガン ジー ブー ジン

   ・・・・・・・・・・・・・・・

どういうご用件で?           チン ウエン ニー ジャオ ター シェン マー シー?
  (どういうことで?)

   ・・・・・・・・・・・・・・・

承知しました                ウォ ジー ダオ レェ

迎えに行きます              ウオ チュイ ジエ ニー
  
   ・・・・・・・・・・・・・・

後ほどかけ直します        ウオ グオ ホイ アル  ザァイ ダー ハオ レェ

   ・・・・・・・・・・・・・・

それでは、さようなら           ナー モー ザァイ ジエン ラー


* 発音参考テープ作成中
[PR]
by colombedor | 2005-09-16 08:50 | des Notes

住宅工務店

by colombedor | 2005-09-15 16:18 | des Notes

社交ダンス ワルツ

ダンス/京都府

 ダンス教室/京都府 List


 ダンスビデオ



 社交ダンス ワルツ 参考曲  場所 中段・上


 ダンス同好会 練習衣装
[PR]
by colombedor | 2005-09-15 05:12 | des Notes
振り込め詐欺 のやりとり録音を公開 新潟県警察
[PR]
by Colombedor | 2005-01-26 00:14 | des Notes
私個人で、どこでもネットで参照できるようにMemo書きしたものですから、
歴史教科書には参考になりませんので悪しからず!!
しかし雑学にはなるかもしれませんが・・・・・? 参考まで。


1275年 (文永12・建治元)
         高麗の疲弊は、その極に達していました。
忠烈王は使者をフビライに送りました。
  「もし、また、日本遠征のことがおきれば、軍艦・兵糧はわが国の負担
能力をこえる。わが国はすでに皮すらなくなった。どうにもなりませ
ぬ。」(「曲諒哀哀之訴」『高麗史』)


1275年 建治元年
4月15日
      日本に服従を求め、使者 杜世忠を送ってきました。
        執権北条時宗は9月4日七里ケ浜の近くの龍ノ口で斬りました。
           (「元使五人塚」・五輪の供養塔五基・藤沢片瀬常立寺じょうりゅうじ)
        
          「門を出ずるに、妻子は寒衣を送りたり、
           我に問う、西に行き幾日にして帰ると、」
                  (正使の辞世の詩の一部『続群書類従』)


10月     元は高麗に「戦艦を修造」させ、
11月     「鏃迭やじり」をつくるよう命じた。(『高麗史』)

CF ベネチア人マルコ・ポーロが元に入った

1276年 建治2年
 正月     製造を中止させました。宋との戦争が終わらないことや高麗の負担を考慮

正月      元は南宋の首都臨安(杭州)を落し

1279年 弘安2年
 2月     最後の南宋皇帝も自害し、宋朝は滅亡しました。
        日本と宋を同時に攻撃するのを避けていたフビライは、改めて日本侵略
        に的をしぼりました
        宋将軍達は元軍の前に降伏し、なかには積極的に
        日本遠征をフビライに提言する者もいました


 二月翌日   南宋皇帝が没した翌日、
        早速、宋の支配下だった楊州など4州に日本征伐のための
        「戦船六百艘」の建造を命じました。

 6月     高麗へ「戦船九百艘」の建造を指令しました。


 6月     南宋と日本とのよしみで元との通好をすすめると、
        日本は応ずるかもしれないということで、南宋の使者
        が国書を携えて来日しました。内容はフビライのものと変らず脅迫めいた
        ものでしたから、京・鎌倉にまわすまでもなく、博多で斬首しました。
        「噂によると、宋は蒙古のため、討ち取られ、日本も危なくなるだろう
         と宋朝(遺臣)よりの忠告があったようだ」(『兼仲卿記』)



 8月     この使者と一緒に渡って来ていた水夫4人が逃げ帰り、
        4年余も消息のなかった元使五人の斬罪の模様が報告。
        使者の返事を待っていた元の役人達に「日本討つべし」の
        声を挙げさせるものとなりました。
        フビライは一層日本への征服の気持ちを高ぶらせました。

1281年 弘安4年
 正月     フビライは日本遠征を命じました。

5月3日    東路軍が合浦を立ちました。
        (途中、巨済島にしばらく碇泊。これは風待ちと偵察のためだと思われます)

5月21日   頃対馬を侵し、

5月26日   壱岐の勝本の忽魯勿塔くるもと(浦海うろみ海岸)に向かいました。

6月6日    東路軍は博多湾に姿をあらわしました

  6日より13日まで、戦いは昼夜を問わず行われ、元の船は鷹島に退きました

6月15日   東路軍、江南軍は壱岐沖で合流して、一挙に日本を攻めるという方針でしたが、
        東路軍が早まって博多を攻めたため、失敗

 29日から7月2日まで、壱岐島の合戦は、行われています。

7月初頭、   両軍の兵員は14万に達し、戦艦は5千艘にちかい大軍に

        後20日ぐらい海上に浮かんだまま

7月27日   主力が鷹島に侵入し始めました。いよいよ、博多湾頭での日本軍
        との決戦態勢に入ったのです。

  30日   風が強くなり、夜になると暴風雨となりました。
陽暦8月23日 台風が北部九州をおそったのです
        元軍10万、高麗軍7千、14万の大軍はその4分の3を失いました

         「西国ノ早馬付テ、申テ云、去七月晦みそ(正7月29日条)
          日の夜半より戌刻マデ、風ヲビタダシ(ク)吹テ、
          閏七月一日ハ、賊船悉ク漂湯シテ海ニ沈ミヌ」 
                       『八幡愚童訓』は記しています。

          「上下大慶の由、謳歌おうかてえるなり」
            (京都に勝報が届いた時の様子を書いたもの『弘安四年日記抄』)

          「官軍返らざるもの十万いくばくか有、我軍返らざるもの七千余人」
                               (『高麗史』)

二、三万の兵が捕虜になった。
捕虜は博多に連行され、日本人は蒙古・高麗・漢人を殺したが、
江南人は殺さずに、奴隷とした。
その結果『十万の衆、還るを得た者三人のみ』と散憺たる失敗に終わった。

江南人とは、その数年前にモンゴルに滅ぼされた南宋の人たちである。
彼らは日本人ともなじみが深く、海上貿易の達人で
船の造り方、海の道、各地の物産の情報、様々な海外情報の取得である。
その結果、日本人は海外へ躍進した。
      それは大陸からは倭寇と呼ばれて恐れられることになった。
      元寇が倭寇を生んだのである。
      日本人は環シナ海の情報を得ることにより海洋アジアに乗り出した。
      十四世紀から鎖国にいたる「海の時代」を迎えることになったのである。


 元祖 ランキング   参加中!
プチッとPushぷっしゅーお気に入りましたら
[PR]
by Colombedor | 2005-01-18 23:58 | des Notes