Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

カテゴリ:La Colombe d'Or( 79 )

幻の「星の牧場」ディレクターズ・カット版関係者試写上映

監督 若杉光夫一周忌特別試写上映
封印していた、いやされていたあの若杉光夫監督執念のオリジナル作品「星の牧場」が
二十数年ぶりに若杉光夫監督一周忌として試写上映します。
劇団民藝舞台演出家また民藝映画社映画監督としての功績を、
師である故宇野重吉さんと共に舞台を支え、後にはこの映画劇へと
私財を投げ出し執念を燃やし続けた映画作品「星の牧場」を通し
演出家 若杉光夫監督の業績を顧み、生前活躍された御影を偲びたいと思います。

当時、スタッフ関係者しか観てない幻作品「星の牧場」ディレクターズ・カット版
試写上映です。
生前、若杉監督から強く依頼されてた上映と保存における特別上映となります。
その後、高知市あたご劇場での特別試写上映が行われ、
その上映後、フイルムセンターに寄贈される予定です。
この機会を見逃すと当分観る事の出来ない貴重な作品ですので、
生前、若杉光夫監督と御縁が一度でもあった多くの方々にも観て戴き、偲び語って戴きたいと思います。

日 時:2009年12月13日 日曜日 10時開演~12時30分迄 (入場9:45から)
場 所:国映 TCC試写室  中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
                  コリドー通り 高速道路下 地下1階TCC試写室
        当日場所等問い合わせ    TEL : 03-3571-6378(TCC試写室)

      なお、席に限りがあるため(47席)事前に御連絡があれば幸いです。 

「星の牧場」ディレクターズ・カット版  1987年(未公開版)  
        時間 全五巻(約90分前後) ⇒ 追記 実際は二時間超えてました
        追追記:上映時間 全五巻 1時間45分43秒
                              (劇場公開版は 92分)

 出 演
寺尾 聰 モミイチ            檀 ふみ ゆき ジプシーの娘ユキ
みずき愛 オカイコのバイオリン    上條恒彦 蜂飼のクラリネット 
石田純一 ジャム作りのフリュート   常田富士男 角作工のファゴット
フランキー堺 オカイコとビオラの父・コントラバス
大橋吾郎 オカイコの兄のビオラ   楠トシエ ティンパニーの女房
大坂志郎 村の医者           岡本信人 大工のオーボエ
小沢弘治 水車のティンパニー    原 康義 織物のトランペット
二見忠男 陶芸家のホルン       斉藤克己 木の実細工のトロンボーン
坂上二郎 牧場主佐平         中村ブン 佐官のピッコロ

南田洋子 牧場主佐平の妻春子   小杉勇二 毛皮づくりのチューバ

  スタッフ
原作 庄野英二  脚本 若杉光夫
撮影 岡崎宏三  美術 坂口武玄  照明 末吉忠二  録音 本田孜  編集 菅野善雄
作曲 天野正道  安西文隆(史孝) 熱田公紀      衣裳デザイン 藤原百合
編集 菅野善雄  助監督 山口巧  吉川威史

問い合わせ この横にあるメール または コロンブドール及びYOUZOまでご連絡下さい。


高知市 あたご劇場
若杉光夫監督一周忌 水国兼美氏(あたご劇場元館主)一周忌
  12月27日(日) 午前9時30開演(午前9時15分開場) 映写講師=水国朝雄
  参考上映作品 『星の牧場』 (1987年 未公開バージョン作品) 監督 若杉光夫 
  出演 寺尾聡、値ふみ、フランキー堺、みすぎ愛、上條恒彦、石田純一、常田富士男
  ※ 2008年12月18日に亡<なった若杉光夫監督執念のディレクターズバージョン
[PR]
by colombedor | 2009-11-03 13:10 | La Colombe d'Or
a0016177_8592323.jpg

師 若杉光夫監督が今月12月18日木曜日 午前5時25分、、
呼吸不全のため神奈川県相模原市の病院で死去されました。86歳。
葬儀は池上本門寺近くのラビスホール池上で21日御通夜、22日告別式を近親者のみで
行わせて戴き,私も末席ながら葬儀参列させて戴きました。

なお各マスコミ関係者には、監督の死去報道を待って戴き御迷惑をおかけしましたが、
御蔭様で、臨時宗僧侶の荘厳な読経だけが聞こえる静寂の中で
御親族、民芸関係のごく親しかった方々で、龍の如し
若杉光夫監督が女優故南風洋子さんが待っている浄土天国へと旅立ちを見送ることができました・・・・。
御協力して戴いた皆様に感謝します。  合掌。

a0016177_982878.jpg

                    戒名 瑞龍院光岳宗輝居士


なお、昭和30年春から茨城県結城市で長期ロケーションした作品で
翌年’56年上映作品映画 「夜明け朝明け」(「夜あけ朝あけ」)の当時地元子役出演者の方々も、献花され葬儀にも参列してくれました。
偶然にも告別式の翌日12月23日には、アンコール上映としてこの映画「夜あけ朝あけ」
がロケの地元結城市で上映されることになっていました・・・・。

映画「夜あけ朝あけ」
映画「夜あけ朝あけ」のアンコール上映会を開催します。結城市民情報センター
結城市の歴史 PDF5ページ目 4.結城市のあゆみ に掲載
[PR]
by colombedor | 2008-12-28 09:09 | La Colombe d'Or

a0016177_13581187.jpg
「映画論叢」19号最新号が樹花舎から国書刊行会に変わり11月18日に刊行されました。

目 次
バンと呼ばれて60年第五話 『紺碧の空遠く』をめぐって
大庭秀雄と小津安二郎、そして佐々木康 短歌的叙情について
チンピラ役者の万華鏡第八回 空手チョップに飛ばされる
遠くて近い記憶―終戦前後の大連の映画
音楽と戦争協力『米英撃滅の歌』を知っていますか?
こんな役者がいた(15)強面の刑事役で売り出す ダナ・アンドリュース
映画監督佐々木康生誕100年祭
「脱」映画横断(6)チベット・長野ラプソディー
映画とストリップ・断章(1)ストリップの元祖は松井須磨子
映画本の困った人たち(9)玄人童貞のアイドル〔ほか〕

今年二月二日から八日まで池袋新文芸坐で開催された
「映画監督佐々木康生誕100年祭」のレポートを書かせて戴き掲載させてもらいました。
このBOLGにもこの映画祭はリアルタイムに紹介させて戴いていますが、この記事をこの映画祭を企画した円尾敏郎氏が丹野編集長に紹介してくれこのレポートが実現しました。
この「映画論叢」19号にはその映画祭のゲストトーク語録を中心に書きましたので、当時の東映京都撮影所での時代劇黄金時代が蘇り、愉しくあらたに映画を顧みる事が出来ると思っています。
もし宜しかったら読んで下さい!
なお、都内では紀伊国屋書店新宿本店、新宿南店サザンシアター ジュンク堂池袋店 映画コーナーの棚に置いてあるとの事です・・・。
また、出版元の国書刊行会やオンライン書店で比較的手に入りやすいようですので新宿、池袋まで出たくない人は便利かもしれません。
「映画論叢19」で検索すると、各オンライン書店で扱っているところがヒットします。


佐々木 康 生誕100年記念 上映会 みゆずメソン
 みゆずメソンHP  この中に映画祭のMYBLOG記事がリンクしています。

国書刊行会

樹花舎HP 「映画論叢」
[PR]
by Colombedor | 2008-11-30 13:59 | La Colombe d'Or
 幻の「六大学 寅さんファンクラブ」結成から早20数年が過ぎました。
 本年、映画『男はつらいよ』生誕40周年にあたり、その色褪せた思い出が蘇ります。

 現在、読売新聞 都民版ページで映画『男はつらいよ』生誕40周年記念
 特集「遠い旅の空から」が連日掲載されています。 (本日7/31は三回目)

 先日、読売新聞記者から六大学寅さんファンクラブ設立当時の取材を
 受けさせて戴きました。
 その特集の五回または六回目で、その記事が載るようです。
 「六大学 寅さんファンクラブ」結成当時、今はなき松竹大船撮影所での、
 第34作『男はつらいよ 寅次郎真実一路』撮影見学と映画完成後の感想など、
 徒然な思い出話が載る予定です。
 また付随し、私がその撮影風景と映画で感じ感動し、影響させられ、
 現在までの生き方に希望が湧いたことなども語られていると思います。

 もし宜しければお読みください。

   幻の「六大学 寅さんファンクラブ」結成から  MYホームページから


追 記 08.8.3 (日)
   8.3  読売新聞 都内版 特集六回 「レールなき道歩み助監督」というタイトルで
   上記記事が掲載されています。

またネットでも読売新聞 YOMIURI ONLINEでこの特集記事が連載されて読めます。
   YOMIURI ONLINE TOPから右下にある
      地域の情報 ⇒ 東京23区 ⇒ 右にある 企画・連載「遠い旅の空から」  クリック

      リンク  読売新聞  YOMIURI ONLINE
[PR]
by Colombedor | 2008-07-31 07:38 | La Colombe d'Or
聖マリアンナ医科大教授名誉教授で元参院議員の
水島 裕先生が今月 5月7日 朝 74歳で永眠なされました。
a0016177_19503235.jpg

水島裕先生のご逝去を知り、驚愕いたしております。
元気だった頃の御姿が心に浮かびいまだに信じることができません。
御生前の御指導に感謝し、その御功績に敬意を表し、
後れ馳せ、在りし日の御姿を偲び、
心からご冥福を御祈りいたします。        amen



生前大変お世話になったにも関わらず水島裕先生の逝去をこの数日前に知りました。
先生とは、参議院時代に感染症予防法成立記念映画『福江島』('99)を自ら製作なさった時に
その助監督として就かしていただきました。
その後、政治を動かす国会は遠い存在だったのが、水島裕先生の御蔭で身近に感じられ、
政治の世界にも親近感が生まれました。
本当にありがとうございました!          YOUZO


故 水島 裕 御別れ会の御案内 LTT Bio-Pharma

水島 裕先生  御功績

感染症予防法成立記念 映 画 『 福 江 島 』 (1999年作品)
[PR]
by Colombedor | 2008-05-27 07:34 | La Colombe d'Or
 今週からTV朝日13:59から
    ’05年シリーズ「新・科捜研の女」が再放送されています!!

    最新シリーズも来月4月17日から放送になりますが、
               そのプロローグとして 皆さん御覧下さい!!

   本日放送は File.3 「奇妙な遺言状!猫屋敷DNA殺人事件 」 藤岡組 です。  
                       出演 北原佐和子 太川陽介


個人的に、携わった作品は明日、明後日の橋本組です。
  橋本 一監督は今年の東映正月映画「茶々 天涯の貴妃(おんな)」の監督でもあります。

3月26日(水)  13:59~    テレビ朝日   放送予定
 File.4
   新・科捜研の女「美人気象予報士の罠生放送完全アリバイ」   テレビ朝日=東映

                出演 沢口靖子 内藤剛志 三浦理恵子 山口あゆみ

                脚本 戸田山雅司
     「新・科捜研の女」File.4 当時のマイBLOG から


3月27日(木)  13:59~    テレビ朝日   放送予定   
 File.5
   新・科捜研の女「密室の秘密!消えた殺人アイスマジック」    テレビ朝日=東映

                 出演 沢口靖子 内藤剛志 高橋ひとみ 森山周一郎

                 脚本 戸田山雅司
     「新・科捜研の女」File.5 当時のマイBLOG から


     「スターウォーズ」のカメラCINE ALTAで撮影「新 科捜研の女」

     参 考 「科捜研の女」 ーウィキペディア(Wikipedia) から


新シリーズ「新・科捜研の女」
     来月 4月17日 木曜日 20時から TV朝日系列で放送
 
                 乞う 御期待!!

[PR]
by colombedor | 2008-03-25 11:21 | La Colombe d'Or
    3月13日放送  今夜8時から二時間SPスペシャル テレビ朝日=東映

  「真夜中の大爆発! 狙われた京都サミット!!
              SPがSPを射殺!? 疑惑のテロリスト銃撃戦」


主 演  沢 口 靖 子 (榊 マリコ役 )

ゲスト  黒谷友香 (府警警備SP)       清水紘治 (府警警備部長)
      鶴見辰吾 (府警警備SP隊長)
      載寧龍二 (府警警備SP)       横山一敏 (府警警備SP)

「新・科捜研の女 SP」 動 画 予 告 編

 京都で次期開催される日米環境サミット公式会談前に行われる、
  非公式暫定議案による日米環境サミット会談が刻々と近づいていた。
   そして、そのサミット会談当日、過激派テロリストから発砲され要人を守った
    SP一人が射殺された。しかしその弾道と銃口からは同僚SPが誤射殺したとー。
     疑心暗鬼の渦中、疑いをかけられた女性SPの孤独な戦いが始まった・・・・・・・・。

『新・科捜研の女 SP』  テレビ朝日公式HPofficialサイト

出演・役名
 <京都府警・科学捜査研究所>
榊 マリコ      法医研究員        沢 口 靖 子
榊 伊 知 郎    新所長兼化学担当   小 野 武 彦  (マリコの実父)      

小 向 光 子    事務員兼会計係     深 浦 加 奈 子
日 野 和 正    文書研究員        斉 藤  暁
乾  健 児     物理研究員        泉  政 行
土 門 美 貴    研 究 員         加 藤 たか子  (土門の妹)

 <京都府警・捜査課>
土 門  薫     巡査部長         内 藤 剛 志
佐 久 間 誠    刑事部長         田 中  健

 <洛北医大>
米 倉 助 教 授  法医学警察医      草 川 祐 馬

ホテル給仕係  火岡 徹           赤 塚 篤 紀
過激派      青柳裕二          吉 田 輝 生
青柳の恋人   風見陽子          渋 谷 めぐみ
農学部昆虫学教授              谷 口 高 史
ホテル宴会場担当係             いわすとおる
ホテル総支配人                峰 蘭 太 郎
病院看護婦                   泉 知 奈 津

米国側要人                   エミリ-荒 木
米国側補佐官                 デビット・ジュリアン
米国側通訳                   エレナ 山 崎
邦国側要人                   伊 庭  剛
邦国側補佐官                 浅 田 祐 二
邦国側通訳                   田 中 みつる

  ロケーション 出演 協力 : 舞鶴FC フイルム・コミッションの皆々様
      
「新・科捜研の女 SP」 動 画 予 告 編

 スタッフ   
チーフプロデューサー  井圡 隆 (テレビ朝日)

    プロデューサー  菊池 恭 (テレビ朝日)   手塚 治  小野川 隆 (東映)

      脚 本    櫻井武晴

      監 督     辻野正人


 協 力 : 食肉卸  青田畜産株式会社   (京都 吉祥院)
[PR]
by colombedor | 2008-03-12 10:00 | La Colombe d'Or

年始御挨拶

                福 楽 寿
    
a0016177_15464675.jpg

     皆様にとりまして最良の年となりますよう
       心からお祈り申し上げます

 a0016177_15525377.jpg 
Les Films de la Colombe d'Or  Youzo
a0016177_150185.jpg    
        2008年   元旦

    Photo:義経と静御前が出会う
        京 祇園祭発祥の地 神泉苑
[PR]
by colombedor | 2008-01-01 16:08 | La Colombe d'Or
a0016177_13485116.jpg

  Merry Christmas    ジョワイユ・ノエル!

a0016177_13495679.jpga0016177_13494187.jpg
















                   Joyeux Noël !
a0016177_13501556.jpg


                                現在 犬山 明治村に保存    


  -『聖ザビエル天主堂』 礼拝堂に入って感じた事ー  (私 論)
 
  抒情詩人・中原中也が、京都 河原町三條に当時あった教会に通ったであろうと
  推測される 『聖ザビエル天主堂』 

  また、 放浪青空伝道バイオリン詩人永井叔(よし)と街角で出会ったと
  中也は言ってますが、その永井もこの教会で何度かすれ違い、お互い顔を合わせて
  いたのではないでしょうかー。
  永井は祭壇横で讃美歌か、またはヴァイオリンを弾き歌っていたかは
  定かではありませんが、その永井が歌うのを中也は見ていたに違いありません・・・・。
  永井は、山口から一人出てきて半年以上にもなるのに京での中学生生活に馴染めず、
  目的のない空虚な時間を過ごし、寂しく力なく座っている中也を興味津々注意深く
  見ていたと思われます。

  更に、永井と一緒に関東大震災から逃れてきた長谷川泰子もこの教会に永井と一緒に
  来ていたと推測してしまします・・・・。
  現在でもそうですが、天災が起きた時には、誰もが平等に救済される場は教会です。
  自然に震災難民の永井と康子はまずこの教会に向い、この場所から京都での
  生活の糧を得始めたと想像させられるからです。

  故に三人は、街角、劇団の稽古場で出会ったと述べていますが、
  すぐにも仲良くなれたのは、このステングラスの荘厳さと神秘性に魅せられる
  この 『聖ザビエル天主堂』礼拝堂の同じ感覚の空気を共有していたからだと、
  この礼拝堂に入って強く感じられました・・・。
  



  
[PR]
by colombedor | 2007-12-24 18:17 | La Colombe d'Or
a0016177_1002286.jpg関西発の季刊誌マガジン『PO』(竹林館刊)から詩人 中原中也 生誕100年・没後70年記念
特集号 2007 冬 No127号が発刊されました。

その季刊誌『PO』で文芸評論家で、
恩師の小川和佑先生とともにわたくしYouzoの、
中原中也における短評論文も一緒に掲載させて
戴きましたので、もし御時間がございましたら
一読して戴ければ幸いです。

題  名は
『中原中也と運命の女神
 ーダダにおける堕落と破滅の蜜月時代ー』


この評論文は、二昔前、卒論以来のまとまった久々の評論文となりました。

テーマは、
山口の神童と呼ばれ誉れ高い中原中也が、文学に耽け地元旧制中学を見事落第し、
京都の立命館中学に転校した二年間の中也の光と影を追い、その失意のまま
京に住んだ中也の心の変貌を考察してみました。
わずか二年にて京での中也は失意の劣等感の中で、偶然にダダイス(ズ)ムを知り
自我を復活し、時に降臨したFemme Fatale(ファム・ファタル=運命の女)と出会い、
文学こそが中也の生きる糧であることを悟り自我を確立しました。a0016177_1019506.jpgそして、三歳年上のその女・泰子と旧制中学時代に京で同棲した中也の心の変貌をたどってみました。
このテーマは、以前から中也のドラマをつくりたいと思い温めていたもので、
中原中也を、ドラマの中の中也像を創造しながら書きましたので大変面白く、興味
ある中也の一端が顧みる事が出来ると思い、是非想像しながら一読して戴きたいと思います。

 ー右写真は
    中也がダダを知る切っ掛けになた
           黄昏の京・丸太町橋風景ー

季刊誌『PO』は 関西の竹林館が発刊している雑誌で、詩・エッセイ・評論などを中心とした季刊の詩誌です。
伝統永く、歌う詩人が世に出たニューフォークソング真っ盛りの昭和49(1974)年に創刊された季刊詩誌だそうです。
また、その季刊誌は竹林館のホームページでその一部の詩が載っていますので
御目を御通し御参考にして戴ければ幸いです。
今回、わたくし京での撮影の合間にこの原稿校正において、
小川和佑先生、竹林館皆々様には、色々と御指南して戴き大変お世話になりました。
ありがとうございました。

なお、この季刊誌『PO』は一般書店では扱っていませんので、御興味がある方は、
直接下記のホームページにある竹林館の『PO』お申し込みからお取り寄せ下さい。


竹林館 季刊誌 『PO』 詩一般公開・『PO』 2007 冬 No127号 お取り寄せ申し込み等

竹 林 館  公式ホームページ


a0016177_11525325.jpg「大正十二年春、文学に耽りて落第す,京都立命館中学に転校す。生れて始めて両親を離れ、飛び立つ思ひなり、その秋の暮、寒い夜に丸太町橋際の古本屋で『ダダイスト新吉の詩』を読む。中の数篇に感激」
a0016177_10562927.jpg




    (「詩的履歴書」より 中原中也著)

写真はイメージです。
現在・丸太橋に一番近い処にある古本屋です・・・・
[PR]
by colombedor | 2007-12-08 14:19 | La Colombe d'Or