Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

Joyeux Noël !  メリー・クリスマス!

a0016177_13485116.jpg

  Merry Christmas    ジョワイユ・ノエル!

a0016177_13495679.jpga0016177_13494187.jpg
















                   Joyeux Noël !
a0016177_13501556.jpg


                                現在 犬山 明治村に保存    


  -『聖ザビエル天主堂』 礼拝堂に入って感じた事ー  (私 論)
 
  抒情詩人・中原中也が、京都 河原町三條に当時あった教会に通ったであろうと
  推測される 『聖ザビエル天主堂』 

  また、 放浪青空伝道バイオリン詩人永井叔(よし)と街角で出会ったと
  中也は言ってますが、その永井もこの教会で何度かすれ違い、お互い顔を合わせて
  いたのではないでしょうかー。
  永井は祭壇横で讃美歌か、またはヴァイオリンを弾き歌っていたかは
  定かではありませんが、その永井が歌うのを中也は見ていたに違いありません・・・・。
  永井は、山口から一人出てきて半年以上にもなるのに京での中学生生活に馴染めず、
  目的のない空虚な時間を過ごし、寂しく力なく座っている中也を興味津々注意深く
  見ていたと思われます。

  更に、永井と一緒に関東大震災から逃れてきた長谷川泰子もこの教会に永井と一緒に
  来ていたと推測してしまします・・・・。
  現在でもそうですが、天災が起きた時には、誰もが平等に救済される場は教会です。
  自然に震災難民の永井と康子はまずこの教会に向い、この場所から京都での
  生活の糧を得始めたと想像させられるからです。

  故に三人は、街角、劇団の稽古場で出会ったと述べていますが、
  すぐにも仲良くなれたのは、このステングラスの荘厳さと神秘性に魅せられる
  この 『聖ザビエル天主堂』礼拝堂の同じ感覚の空気を共有していたからだと、
  この礼拝堂に入って強く感じられました・・・。
  



  
[PR]
by colombedor | 2007-12-24 18:17 | La Colombe d'Or