Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

NHK技研 スーパーハイビジョンはすごい!

コロンブドールのHPは、
HighVisionで映画ドラマをつくろう
思い、自分を鼓舞するために立ち上げました。

「STAR WARS EPISOD Ⅱ 
エビソード2ークローンの攻撃ー」
においてアナログFilmからデジタル技術HighVisionへと時代が
移行したと確信したからです。

その年、SONYの技術展初めて
HD-24p方式のSONY HDCAM HDW-F900「ClNEALTA」
の実物を見たときは感動しました。
”これがSTAR WARS EPISOD Ⅱを撮った名機カメラ!”だと、
興奮したもものです。

 しかし、先々週NHK技研の公開展示を見に行きましたが、
なお進化して走査線4000本級超高精細映像システム
(愛称:スーパーハイビジョン)の研究成果が公開されていました。
走査線4000本級超高精細映像システム(愛称:スーパーハイビジョン)の研究

一度体験してみれば感じられると思いますが、Filmのように質感が
向上しデジタル感を忘れさせる自然な感じがでていて、すでに完成した気がしました。
このスーパーハイビジョンは愛知万博でも見られるそうです。
一度体験してください!

ただし、上映方式においてプロジェクター投影技術に問題があり、
VTRの難点である青い影(にじみ)が多少気になりました。
スーパーハイビジョンで撮影しても、劇場上映はまだまだFilmの時代
のように思われます。
STAR WARS EPISOD Ⅱでも、”DLP Cinemaプロジェクター”
によるデジタル上映が行われましたがいまいちの様子でした。

 しかし、確かにデジタルスーパーハイビジョンによる映像製作での
再編成の始まっていることを強く感じました。
そして、この映像システム革命にいち早く対応した人が次期映像の覇者になるこことを・・・!


次回はNHK技研の公開展示で一番驚いた、シリコンマイクについて。
    このマイク、驚きました!!  
a0016177_224445.jpg

[PR]
by Colombedor | 2004-06-08 22:45 | La Colombe d'Or