Les Films            de la Colombe d'Or       白鳩が金の鳩に輝き大空を舞うように、映像を語る!  ーコロンブドールー      L'information&La note


by Colombedor

京都迷鳩案内 7 下鴨神社 -桜門から

a0016177_23542276.jpg

a0016177_6343269.jpg 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

神々が宿る神聖な糺の森をぬけ鳥居をくぐると
朱赤色の桜門に着きます。

朱赤は赤のバイタリティ溢れる生命の色に黄色の知恵の色を混ぜているそうで、脳が活性化して、集中力が高まり、意欲がどんどん湧いてくるそうですので、その気分で桜門を通れます。

a0016177_2355881.jpg





            
境内では御手洗川に架かる神橋 輪橋が目に入り、正に欄干の朱赤色とイチョウの黄色が和合し、気力が湧き上がります。

a0016177_23545288.jpgこの輪橋がかかる御手洗川の上流には
疫病・怪我・さまざまな災厄除けの神様、
瀬織津比賣命(せおりつひめのみこと)をお祀りした井上社 古名 唐崎社
通称 御手洗社があります。
この御手洗社前のお池では、葵祭の斎王代も身を清め、また例祭日土用の丑の日には、みたらし祭(足つけ神事)、立秋の前夜には夏越神事と様々な厄除けの神事に今も使われているそうです。
a0016177_23553697.jpg
                       井上社とみたらしの池      
お社は井戸の上に建立されましたので井上社(いのうえしゃ)と云うそうです。
十二一重を着て御手洗川で禊ぎを行う、            ー葵祭斎王代禊神事ー
斎王代は隔年で上賀茂神社と下鴨神社で交代し「御禊の儀」を行うそうです。
a0016177_23555216.jpg

a0016177_441551.jpg尾形光琳が江戸時代に描いたといわれる、この付近の御手洗川と梅で有名な
ー光琳の梅ー
「紅白梅図屏風」 
 (MOA美術館蔵)
だそうです。
   輪橋 光琳の梅

私は、「みたらし(御手洗)団子」の方がみに合います。この御池から湧く水のあぶくをかたどったものがみたらしみたらし団子で、その発祥の地でも有名だそうです。
今回は『加茂みたらし茶屋』で食べ忘れましたが・・・・。
輪橋の梅も、香りゆかしきころ観に行きたいと思います。
a0016177_6454588.jpga0016177_6462910.jpg









縁薄く この「相生社」に願を懸け忘れてしまい、輪橋 光琳の梅と連理の賢木を撮り忘れてしまいました。
次は縁結びの神様 相生社さまに深く篤くお願いしたいと思います。  連理の賢木                  
[PR]
by colombedor | 2006-05-31 23:58 | 京都迷鳩案内